*進捗状況・不定期日誌*


contents: top(表).news(更新履歴). release(作品紹介). works(おしごと紹介). shop(販売). Download (ダウンロード).

                           days:Old(過去ログ)

2017/08/11

 いやー今年はほんと、何もかんも駄目だわ。
 ここ更新するために久々に下の日記読み返して、そういや今年は4月くらいまで咳止まらんで死にかけてたわーって思い出しました。
 それにしても、コミケ出るでーって言うてたのにその前日朝から急な仕事の依頼と明日祝日なので本日中に。あと明日から依頼社側は連休です、っていう連絡が来た時はさすがにフフって笑いがこぼれましたネ!キャラクタープロットの直し4本書きました。
 ということで今、11日の夜中の2時ですが、開けて本日朝のコミケの準備をこれからはじめます。そして昨日から寝てないです。

 生きていれば続きはまた、後日。


2017/02/03

 言ってる端から音信不通になってましたよ、また。
 そして昨年11月から患ってる風邪が一向に治らないどころか、ここにきてまた悪化ってこれ何かの奇病じゃなかろうかって感じで、予定してたスケジュールが全然こなせてない塩梅ですよ困ったなあ&すみません。ていうか咳とまらねえなってのが二か月続いたかと思ったら、安静に寝てても治らないどころかまた喉の奥から鼻炎悪化って方向に再発してきてどうすっぺ。
 ということで1月中旬に〜って予定がちょっと伸びる感じになりますすみません。(って2月になってから言うなや!って話ですねすみません)
 風邪が治らないっていうと普段真冬でもTシャツで歩き回ってヘソ出して寝てても風邪ひかないうちの同居人も同じくだし、行きつけのふくろう喫茶のマスターもそれが原因で5年やってた店をとうとう本日閉店しちゃったしで、何なんでしょねえこれ。諸行無常ですわ。
 諸行無常っていうと先日わたしが関わってたソシャゲが連続でサービス終了発表されてまして(わらい)、まあ課金が1月一杯までで二月末に終了って感じでしたので、あえて二月に入ってから書きましたけど、まあそれらの中でもオズクロはそこそこがんばって書いたのでシナリオだけでも見てやって下さい。不思議の国のシナリオはわりと自分でも気に入ってます。とりわけマッド・ハッターは良い感じに魅力的な(キ)印に書けたかなぁと。オズクロには幾つか言及したい事もありますのでまあ後々にでも。後々もなにも今月いっぱいで終わっちゃうんですが(わらい)
 ほかのはまあ、他人様の書いた物の修正とか日本語化ローカライズでちょっと色を付けるとか程度の仕事でしたので、わりとどうでもいいです。とはいえ連続で終わってるって事は続きの仕事は入ってこないわけで、今年は結構かなりヒマになりそうではありますワッハッハ!収入の方も何とか考えんとえらい事になるな!
 まあその分、聖学少女探偵舎に集中できそうではあるのですが、現状風邪治らんことにはにっちもさっちもやでぇ。
 とまあ、近況報告はひとまずこの辺で。メリー・節分。今年は恵方巻も恵方ロールもやめてエクレアをかぶる事にしました。
 あとこの文章を読んでもわかる通り、あきらかに私いま熱ありますよね。


2017/01/07

 あけましておめでとうございました。
 いやもうとっとと更新したかったんですが色々あれがナニしてソレで、まあ昨年末の冬コミで出したアレは、ほんのちょっとシステム周りの不細工な点だけ直すパッチを先ほど追加しましたのでご笑納下さい。ていうかシナリオ追加はよせやって話ですね。

 さて、色々今年は何とかどうにか新たにどうにかしたいと考えてはいるのですが、ひとまず手始めに数年単位で放っといたティラノスクリプト版をどうにかしようとザっと触ってみたら……なんか仕様がめっちゃ変わっとる!!
 ティラノもなんつーか、ここに来て奴隷という怪物ソフトの誕生で一気にメジャーになった感ありますねえ、としみじみしたり、まあ、う〜ん、マルチプラットフォームなぁ。 あと吉里吉里Zまじでこれどうにかなんねえのかなほんと。
 あと新年早々の仕事ひとまずチョロっと片付けんと何もできんので今日はこのへんで!

2016/12/31

 そんなわけで、コミケ三日目も終了、本年も終了。参加した方はお疲れ様でした。そして先日当サークルのスペースにお越しの皆さま、どうもありがとうございます&色々申し訳ない。ということで『巻の四』のパッチの方は、近日中にどうにかこうにか。どうにかって言いながら正月早々仕事入っちゃいましたが(笑い)。
 そして今回コミケにまで来られなかった方、もうしばらくお待ち下さい。もう暫くが何ヵ月後、あるいは何年後になるはかわかりませんが!(年はないわー)

 ……しっかしまあ、今回最後のツメのギリッギリにあほみたいなミスで新システム入れた部分を元に戻すどころか退化までさせたり、出発ギリギリにいつもディスプレイに使ってたマシンのバッテリーがぬっ壊れたり、ていうかデモで見せるつもりで内容紹介POP作る作業を省いて『少女兵機』の板だけ持ってったせいでそりゃもう何も内容わからん物を置いても手に取る人おりませんわ(わらい)。あと少女兵機がまた笑っちゃうくらい誰も見向きもしませんね! こっちの方も来年の課題として、ちょっとどうにかしちゃいましょう。ああ来年への宿題がどんどん増えて行くよ!
 ともかく、今年はここの更新頻度を見てもおわかりの通り、同人活動の方はガッタガタのグッタグタに最悪の状態でした。いやもう面目ない。その代わりといっては何ですが、本業の方めっちゃ忙しかったので懐具合はそこそこ良くなりましたよ!
 ヨユーのあるうちにさっさとプレスCD作りたいんですけどねー。う〜ん。  まあ、とにかく皆さん良いお年を! うわ適当に終わった!


2016/12/28

 あ〜〜〜〜〜〜。
 今回もうCD-R版で行く事に決めて、それなりに準備と用意を進めていたんですけども、体調不良やらヤブ医者に酷い目に遭わされるやら無駄に日数単位で時間取られるわで、ただでさえキッツキツだったスケジューリングが完全に破綻してしまいましたわい。
 とにかく予定じゃ前半2ページ目まで、新章2話と3話、28〜33話まで入れて、34〜36話は後日パッチでリリース……のつもりでいたのが、致命的な欠陥を発見し、こりゃ2〜3日じゃどうにもなんねえや! 確実に動作が確認できているのは昨年までにテスト済み頒布済みの最初の1ページ分のみ。……という事で、だからといってまたサンプル配布じゃいい加減「何度目だ」って話ですので、さんざん迷って今回、βテスト版という形で頒布する事に決めました。
 最終的にはプレスCD版と同じ内容にまでパッチでステップアップする予定です。
 ということで頒布価格500円、「おいテストでお金とるのかよおい」という感じですがこれは「タダで配ってるんだからまあええやろガッハッハ!」みたいに、ずるずる放ったらかしにならないよう責任を持つためでもあります。まあでも、数は少ししか用意しませんよ!
 という事でここに先週書いた事は忘れて下さい!

 あーしかし、折角ひーひー言いながら必死こいて用意した画像データに推敲を重ねたテキスト類を一旦引っ込めるっちゅうのは精神的にきっついなぁ。
 まあ、また次回!
 いやもうほんとすみません!

 さておき、明日12月29日、西地区ぬ-21b、何とかどうにか。お待ちしてます!
 ていうか死にそう!



2016/12/20

 いや〜今年二回目の更新ですよ。年の瀬ですけど!
 ていうか『巻の四』出します!たぶん!
 たぶんて。

 といいますか。もうホント、今年は何もかんも一切合切予定通りにいかない一年でございました。いやー色々申し訳ない。ていうか同人活動が一切どうにもならないっていうのは、早い話が本業が忙しかったわけでございます。今年はソシャゲの仕事をえーと……大き目なのを三つ、小さ目なのを三つ、支度だけやって流れたのが二つ、ってな塩梅で、あと大き目なののうち一つはしらん間にサービス始まってしらん間に終わってましたわい(わらい)。エロシーンだけ担当した小さ目のやつもバキバキ終了してましたよ。諸行無常ですの。あとまだ終わってないやつも時間の問題やの。
 まあそれはさておいて。
 今年は『少女兵機記録』のパッチを定期的に更新して行こう……という目論見でいましたけど、こーれがまあ、上記の通り忙しゅうてサッパリどうにもいかない状況でもありました! これが上手くいかない時点で聖学少女探偵舎の4巻もどうにもならないわけなんですけども、さすがに3年も間が空いてしまうのは芳しくないので、多少不出来なままでも突貫で今年中にはリリースしよう、と決意したわけです(あとはパッチでどうにかしたれ、という考え方は、必ずしも上手く行かないのは既に〜兵機記録で証明済なんですけどね!)。決意したのがまあコミケ当選が決まってからなんですが(ひどいね!)、それからまた一ヵ月ほど色々あって自宅待機で何もできない有様でもありました。
 んで、風邪ひきまして(笑)。
 もう2週間咳が止まらないのですが、一応病院も行って薬も飲んでるのに、今日は先月から予約入れてた区民検診に行ってみたら、「白血球が通常の二倍あります。風邪と思われますので、お近くの内科へ行って下さい」と言われましたわ。いや行ってるんですけど!っていうか咳とまらんしまた行くしかないか。
 そんなわけで、一番重篤な状態にプレスCDの締め切りが無慈悲に通り過ぎましたので、今回イベントではCD-R版で頒布する予定です。今回はいつぞやの『巻の一』先行リリース版のような簡易ジャケ+簡易包装と違って、プレスCD版と変わらない見栄えにはしようと思っておりますが、これまでプレスCDで揃えてたから4巻もプレス版のが欲しいという方には無償交換できるようにしようと考えております(交換つっても名目上ですので、べつに返送とか廃棄とかしなくても構いません)。
(※後日追記:あーごめん、これナシな!いやとてもじゃないけど今回これ、千円で売っちゃって良いような完成度じゃねえので!)
 とはいえ。あくまで予定は未定といいますか、まだあと1週間で完成の見通し経ってないような状況ですので(わらい)まじでどうなるかちょっとわからないのよねー。一応本日、CD-Rのレーベル印刷のみ発注しましたけども。
 とりあえず、最低でもコミケ前日にはリリース可か否かの告知をしますので、もう暫くお待ち下さい。


2016/01/31

 新年あけましておめでとうございます。

 そんな感じで昨年度は色々アレでしたけども、今年こそは諸々何とかどうにかしたいとは思っておりますがまあどうなるかはわかったもんじゃねえや(えー)。
 ちなみに昨年度での色々どうだったかって話は『少女兵機〜』の方で、恒例のくそみたいな後書きで語っておきましたのでここでは割愛(ひどいね!)。
 少女兵機〜の方は次のイベント参加の機会にでもまた頒布すると思います。次ってのがいつかはまだわかりませんが、夏コミの前には何かもう一回どっかに出しておきたいなーとは企んでおります。

 まあともかく、ぼちぼち『巻の四』の作業再開と『少女兵機〜』の追加のあれこれに取り掛かりたいところですけども、そうこうしてたら先週またでかい仕事の依頼がいっこ入りましたので「あ〜」って感じです。まあ、夏コミも申し込みましたし(ただ今回遅刻のペナがあるやもしれんのでどうなるかわかんねえや)、何とかどうにかサッサと諸々片付けて次の作業に入りたいとは思うのですけども、まあ、やっぱコレ正直どうなるかはわかったもんじゃねえや(ひどいね!)

 そんな感じで次あたりの更新では、今一つ当サイト上では説明不足だった『少女兵機記録』に関するアレコレにでも触れたいと思います。


2015/12/31

 そんだこんだでコミケお疲れました。
 終わって帰宅して即ぶっ倒れてました。
 まあ今回のアレに関しましては詳しくは後ほど。
 それではよいおとしをー。
 しぬ。


2015/12/30

 いやーもーここ更新してるヒマなかったのよ!

 とゆことで、突貫新作!新作!出ます!たぶん!明日!

 いつもと毛色の違う作品です。中編3本のオムニバスですので、さくっと読めますがトータルで本一冊ぶんくらいのボリュームはあります。頒布価格は500円の予定です。メディア原価や印刷代で100円じゃ赤出るし、まあ300円くらいでいいかなーと思ったですがオツリめんどいのでこんな所で!ひどいな!
 あ、今回のこれはショップや尼では当面卸しません。イベントオンリーで。

 では、今最後の追い込み真っ最中ですので完成しましたら後ほど!
 完成すんのかよこれ!

 イエーイ!チューバッカ死ぬよ〜(卓球ネタ)。死んでねえよ!


2015/11/01

 二ヶ月半ぶりに更新。え〜っとですね。TOPページにも書きました通り、このたび冬コミ受かりました!

>◎貴サークル「Sept Rivieres」は、木曜日 東地区“ヨ”ブロック−17b に配置されました。

 ですって!2010年以来じゃなかったかしら、うちがコミケで冬通ったのって。
 って震災前じゃん!うわ怖っ!もうそんなに!?
 あの日は閉会直前に会場について、徹夜で突貫で作った二巻の、おそらく史上初お目見えバージョンのサンプル版だけを10枚ほど配って終わりました。帰りに下腹部めっちゃ痛くなって、正月から病院(オードリーのカスガが生まれた病院というまったくどうでも良い豆知識を後になってから知りました)に転がり込んで、人生初尿路結石で死ぬほど苦しんだのも今となっては嫌な思い出です。

 といいますか、夏コミからこっち、商業のゲームのシナリオをひっきりなしで三本分やってましたですので、同人の方はなーんも手をつけておりませぬ。
 どないすっぺ。
 まあ、さすがにコミケで三回連続サンプルのみで御茶を濁すというのも何ですので、どうにか四巻を残り一ヶ月半ほどで仕上げるか(まあ七割くらいは出来ていたとはいえ、八月からこっち、1ミリも作業進められて無かったとですよ。マジに)、一旦諦めて全く別の小品を一本仕上げるか、はやいとこ決めなければならんとですよ。う〜ん。
 ちなみに、商業の仕事も今現在ようやく一段落ついた所ですが、まだまだ終わってはいませんのです。なにぶん今のゲームシナリオライターの主戦場は「ソシャゲ」という奴ですので、リリース以降のアップデートちゅうのがあるわけなのですよ、運が良ければサービス続行で続きを、アカンようならとりあえず〆て、みたいな。まあ、お陰さまで金回りの良いDMMさんの原稿料はそこらのコンシューマより相当良かったりして、こうしてわたくしが日々ごはんを食べられるのも、皆さんがお船にじゃぶじゃぶ大金をぶっこんでくれるお陰でもあるのです。ソシャゲ様々やでぇ。
 っていうか私のやったゲームのうち一本、先々月のゲームショーでティザー公開してからこっち何の更新もアナウンスも無く放ったらかしなんだけどどうなのこれ!
 うんざりするほど人の事言えないー!(玉吉ネタ)
 …とまあ、そんな感じです。はい。

    

 さて、どうでもよい余談をひとつ。
 今回のサークルカットのこの三人、おそらく連載読者の方ですら「うn?誰だこれ??」という感想を抱くのではないでしょうか。それもそのはず、今回初出のキャラなのです。え〜っと、以前に触れたかなぁと過去ログを漁ってみましたら、2014年の2月でした。めっちゃ前やん!
 ということで、ちさとの同級生で同じく女子寮アネモネ館の住民、全員文化系部活の部長でもある仲良し(?)六人組のうち、左より手芸部部長の向宇品(むこうじな)御幸さん、弁論部部長の鳰嶋(にほじま)翠さん、ガイウス・ユリウス・カエサル同好会会長の小珈玖摩(おかくま)皆実さん。あと一人、留守がちな茶華道部部長の竹屋弥生さんと、演劇部部長の花子に探偵舎代表ちさとでアネモネ館文化系グループが形成されています。あともう六人、体育会系女子チームもいますがまあそちらは話に絡まないので割愛。広島の地理に詳しい人なら「お前ら三人ともだいたい同じ場所じゃねーか!」と突っ込める感じのネーミングになっております。あと、わりとつい先ほどまで向宇品さんの名前は元宇品さんだったのですが、「明治後半から付けられた地名を苗字にするのは新姓にしてもおかしいなぁ」と今更のように気が付きましたので、今日から彼女の名前は向宇品さんです。ちなみに実際には「むこううじな」なんですが呼びにくいのとだいたい地元民も発音すっとばして「むこうじな」で可というかんじで。
 見ての通りツッコミ役引き立て役驚き役振り回され役のワトソン役を一身に担うのが向宇品さんで、鳰嶋さんと小珈玖摩は振り回すだけ振り回すキチガイですね。とまあ、この辺りの話はまたいずれ。
 いずれっていつのいずれだよ!という話でもありますが。


2015/08/17

 とゆコトで、昨日はコミケお疲れ様でした&お疲れました。

 いやまー、色々仕方のない事とはいえ、さすがに二年連続新作ナシって状況はアレでしたですねーゴメンなさい。当然のように因果応報な結果ですよこちとら! それでもまだ新たに手に取ってくれる人が何人かいらっしゃったのは幸いでしたけど、広い通路に面した島だと移動に専念してゆっくり見て回る人が一気に少なくなるのなーって事も、今回よーくわかりましたわい。
 言い訳してもしょうがないのでさっさと四巻に向けて作業にとりかかりたい所存ですが、今やってる商業の仕事がまだ終わってない有り様なので、さーて、どうなるんじゃろこれ。
 とにかく〆切も短いですし冬に向けてさっさと申し込みますですよ。そして最後に冬を通ったのが震災前だったのでだいたい4年連続で落選してる事になります。どうなるんじゃろこれ。

 そんな感じで、またのちほど。


2015/03/31

 イエーイ!
 ビックリするほど今年に入ってからは更新してないね!
 何も書く事がないからなんだヨ!

 一応ぽちぽちテキストの作業はしていますけども、まあじっさい現状では何も言うことないのですだわよ。
 ということでわりとどうでもいい雑談をしますけども、やっぱアレですよその、発表から10年越えちゃってると、どうしてもねー。内容がねー。時代劇になっちゃうなー!って点がありますよねえ。これ、どないしましょか(わらい)。
 既に「巻の一」の時点で読み返すとキッツイもんなぁ!「ケータイを開いて」って描写がもう過去の物ですよ!ルーズソックスなんてもはやリバイバルすらしねえよ!PDAとかナニモノじゃ。「巻の四」だとパラパラとか出てきますからこれもうどないすっぺ(わらい)。ていうか蛍子がらみ全部キツいよ!あれは当時の「ケータイ小説(笑)」文化へのカウンターというか、いや他ならぬこの作品がケータイ小説そのものでしたけども!そういう当時の事情へ思うことのアレコレに対してのわりとアグレッシブなアンサーで書いていた部分でもあったのですが、まあ、時代的ににゃ〜?ちょっとにゃ〜?という事で今すっげぇ悩んでますねー。どないすっぺ。
 あと地味にキツいのがギャグの風化で、そもそもお笑いの感覚なんて、10年前は笑えたけど今となってはねぇ〜って物が多すぎるっちゅうアレですよ。これ、どないしましょ、まじで。ほんに。茄子菜のセリフ全部書き換えてェ!ってなっちゃうわー。

 一つだけホっとしてるのが、わりとこの『聖学少女探偵舎』って作品では、裏テーマとして平成ライダーとプリキュアをちょこちょこ取り沙汰しておりまして、それは勿論この私が、ずいぶんと長いことニチアサだけが人生の楽しみとして生きてきた証でもあるのですが、まあ、ぶっちゃけ今のニチアサは録画だけして積みっぱなしスルーってことが多いのでアレなんですけども(いやプリンセスプリキュアは結構良いと思いますしドライブも良くも悪くも三条脚本の少年漫画感で疾走してて面白いとは思うんですが、かつてほど思い入れようがないのはひとえに私の気力が現在萎んでいる事にあると思うですよ。加齢で)、永遠に終わらず秘伝のタレのごとく継ぎ足され続け毎年現役で活躍するコンテンツとなったお陰でそこだけ古さがあまり感じられませんので助かった!助かってんのかそれ!
 とまあ、そんな感じです。

 あとまあ今ちょい別件のゲーム仕事で忙しゅうなってますのであんまこっちに時間とれないのも参った。まあでも、さすがに今年はコミケ受かってたら四巻出しますし受かってなくても出しますので、よろしくお願いいたしますす。いやまじで。
 まあ前例で考えればテキストさえきっちり用意できてたら当落発表後のだいたい2ヶ月でスクリプト組む事は可能ですので(あとひな形は既に作り終えてます)、あーと必要なのは絵と音だけだにゃ〜という感じですね。まあそこら辺りの話は次回にでも。


2015/01/30

 新年あけましておめでとうございます(年単位繰り返しネタ)。

 とまあ、そんなわけでまったく何も出来ていないししてもいない状態なので進捗もくそもないのですけども、色々思い立ってエンジンを吉里吉里Zに差し替えてみる実験などをしていましたですよ。
 勿論、現段階で安定している吉里吉里2を使うのが現状ベストではあるのだけど、今後の事も考えると(といいますか、既にXPのサポートも終わって、新たにタブとか新規にマシン組むともうWin8とか場合によっては10とかって時代になるわけですから)ここらでどうにかしておきたいなーと。

 ということで、昨年夏にコミケにて頒布した4巻テスト版でちょっくらテストしてみたところ、ほぼ問題なく動作しました。一部問題点があったのがwindowzoom.ksと(これはメニューバーで画面サイズ調整ができるプラグインで、メニューを廃止すれば実質問題ありません。と言いますか、ZではMenuがデフォから廃止されることで実質非推奨となってます)フォント変更(ここも、Zからはフォント周りを本体から外してプラグイン化)くらいで、Krkr2Compatのプラグインを導入する事で問題なく実装できました。といっても半日くらい「あれー動かないな〜?」と悩んだりしましたけどナ! 原因はk2compat.xp3をダウンロードした物がバイナリ保存できてなかっただけ(初歩的ミス)だったりの巻。

 それでまあ、コミケで4巻サンプル版を手にした方ならおわかりの通り、実質3巻とほぼ同じですので、3巻もそのままするっと吉里吉里Zに以降する事も可能なわけです。それどころか、バグ回避のパッチを入れるまでもなくフルスクリーンにして終了→再起動でもフリーズしないっていう利点も出てきましたので、まあ何か機を見て何とかしてみたいなーと思ったり思わなかったりしています。いやまあ本体だとパッチでどうにかって訳にもいきませんけども。
 さて、1巻2巻もちょっくらどうにかしないとなーとか思いつつ、まあ先に4巻どげんかせんといかんですな。今日のところはそれくらいです。


                           days:Old(過去ログ)


もどる